メディアの書き出し【Adobe Premiere Pro】

チュートリアル

Premiere Pro とその他のアプリケーションは、スタンドアロンのエンコーディングアプリケーションである Adobe Media Encoder を使用します。書き出し設定ダイアログボックスで書き出し設定を指定して「書き出し」をクリックすると、書き出し要求が Premiere Pro から Adobe Media Encoder に送信されます。

クイック書き出しを使用すると、数回クリックするだけで、ビデオファイルを簡単に書き出すことができます。

クイック書き出し」を使用すると、数回クリックするだけで、H264 ファイルを簡単に書き出すことができます。「ソースの一致」プリセットを選択すると、自動的に解像度とフレームレートがシーケンスと一致するように設定されます。または、一般的なビデオ解像度のリストから選択します。

Premiere Pro のカーブ機能を使用すると、自然な結果が得られるように、すばやく正確なカラー調整をおこなうことができます。カラー編集に使用できる 2 種類のカーブは、RGB カーブと色相 / 彩度カーブです。

Adobe Premiere Pro では、Web またはモバイルデバイスに書き出すことができるビデオを簡単に作成できます。

プロジェクトを書き出すには、シーケンスをクリックし、ファイル/書き出し/メディアを選択します。

書き出し設定ダイアログボックスで、アップロード時間を短縮し、再生品質を向上させるために最適なファイル形式、フレームサイズ、ビットレートまたはあらかじめ用意されているプリセットを選択できます。

ここでは、最適な設定を選択するためのヒントをご紹介します。

ソースモニターおよびプログラムモニターのフレームを書き出しボタン を使用すると、Adobe Media Encoder を使用せずに、ビデオのフレームをすばやく書き出すことができます。これは、フレームグラブと呼ばれる場合もあります。

プロジェクトを記述したデータファイルを書き出し、関連メディアまたは別の編集システムを使用して、そのデータファイルでプロジェクトの再作成をおこなうことができます。

Premiere Pro では、プロジェクトを CMX3600 形式で EDL(Edit Decision List)として書き出すことができます。この形式は、EDL 形式の中で最も広く普及しており、また最も堅牢な形式です。

Premiere Pro のシーケンス全体から、すべてのアクティブなオーディオトラックを Open Media Format(OMF)ファイル形式で書き出すことができます。DigiTranslator 機能のライセンスがあれば、DigiDesign Pro Tools で OMF ファイルが読み込まれます。Pro Tools で DigiTranslator を使用して、Premiere Pro から取り込んだサウンドトラックに音入れをすることができます。

Panasonic P2 シーケンスの編集が完了したら、編集したシーケンスをハードディスクに書き出したり、P2 カードに書き出すことができます。また、クリップを個別に P2 形式に書き出すこともできます。

P2 形式で保存可能なクリップの最大ファイルサイズは 4 GB です。Premiere Pro では、サイズが 4 GB を超えるクリップまたはシーケンスを P2 形式で書き出す場合、4 GB のスパンドクリップのグループとして書き出します。クリップのスパンについて詳しくは、スパンドクリップについてを参照してください。

DVD または Blu-ray ディスクの作成に使用するファイルを書き出す場合は、書き出し設定ダイアログボックスでディスクに適した形式を選択します。

制作の最後のステップ(最終編集と最終配信の間にあるもの)は書き出しです。書き出しが完了するまでは誰も帰宅できないため、編集者はできるだけ早く最終の書き出しを行う必要があります。

≪ Adobe Premiere Pro ユーザーガイドに戻る

≪ Adobe Premiere Proのトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました