他のアドビアプリケーションの操作【Adobe Premiere Pro】

チュートリアル

After Effects および Photoshop の様々なアドビのアプリケーションの使用による Premiere Pro でのポストプロダクション編集を最大限に活用してください。

Premiere Pro プロジェクトで利用されているアセットは、他の各種 Adobe アプリケーションを使用して機能拡張したり変更したりできます。また、他のアプリケーションで開始したプロジェクトを Premiere Pro で編集することもできます。

Dynamic Link のワークフローを使用して、Premiere Pro と After Effects の間でメディアアセットをすばやく効率的に共有する方法について学習します。

Adobe Audition を使用すると、撮影後の高度な編集技術を活用してオーディオを作成したり、編集したりすることができます。Adobe Audition がインストールされていれば、オーディオクリップまたはシーケンスに「Adobe Audition で編集」コマンドを適用できます。

Adobe® Prelude™ を使用してクリップをインジェストしたり、フッテージをトランスコードしたり、サブクリップマーカーやラフカットを作成したりして、Adobe Premiere Pro にデータを読み込むことができます。

Prelude のクリップ命名機能およびメタデータ機能を使用して、サブクリップをすばやく作成し、ラフカットアセンブリを作成し、すぐに編集するためにシーケンスとして Premiere Pro に送信できます。その後、Prelude からラフカット、クリップ、サブクリップ、およびビンを編集するために Adobe Premiere Pro プロジェクトに書き出すことができます。

≪ Adobe Premiere Pro ユーザーガイドに戻る

≪ Adobe Premiere Proのトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました