【Character Animator】プロジェクトの作成と公開

チュートリアル

キャラクターアニメーターのプロジェクトは、パペット、シーン、サポートアイテム(アートワークやオーディオファイルなど)をまとめたものです。アニメのエピソードや特定のクライアントのためなど、関連する作業を整理するために別のプロジェクトを作成することができます。各プロジェクトは、個別のフォルダーとしてディスクに保存されます。

デフォルトのプロジェクトである Character Animator Project は、ユーザーの Documents/Adobe/Character Animator/Preview (Mac) または Documents\Character Animator\Preview (Win) フォルダにあります。いつでも別のプロジェクトに切り替えることができます。Character Animatorが起動すると、閉じていたプロジェクトが再び開かれ、作業を続けることができます。現在のプロジェクトが見つからない場合は、デフォルトのプロジェクトを開くか再作成します。

他のプロジェクトのコンテンツをインポートする

別のプロジェクトのコンテンツをインポートして、そのシーンやパペットを現在のプロジェクトで再利用することができます。

プロジェクトのコンテンツをインポートするには

[ファイル]>[インポート]を選択し、プロジェクトのフォルダにある.chprojファイルを選択します。
プロジェクトパネルに新しいフォルダが作成され、そのフォルダにプロジェクトのコンテンツのコピーが配置されます。

ソースメディア(アートワークとオーディオ)ファイルが、ディスク上のインポートされたプロジェクトのCh Mediaフォルダ(またはそのサブフォルダ)に元々あった場合、それらのファイルのコピーが現在のプロジェクトのCh Mediaフォルダに追加されます。これらのファイルは Gathered Media サブフォルダに追加されます。

ソースファイルがプロジェクトフォルダの外に存在する場合、インポートされたアイテムはコピーを作成する代わりに現在の場所を参照します。

パペットとサイクルのJPEGとPNGに対応

単一のJPEG (*.jpg または *.jpeg) およびPNGファイルは、シングルレイヤーのパペットとしてインポートできます(「ファイル」→「インポート」をクリック)。
JPEGとPNGのイメージシーケンスはサイクルとしてインポートできます(「ファイル」→「サイクルをインポート」)。
EPSおよびSVG形式でのパペットアートワークのサポート

Character Animatorでは、EPS(.eps)およびSVG(.svgまたは.svgz)形式のパペットアートワークがサポートされています。これらのフォーマットはベクターベースなので、「ベクターとしてレンダリング」オプションと「ウィグラー」ビヘイビアを適用することができます。

プロジェクトアイテムの整理

現在のプロジェクトの中で、プロジェクトパネルのプロジェクトアイテムを必要に応じて別のフォルダーに並べ替えることができます。

プロジェクトパネルのアイテムは、名前やタイプでソートできます。列の見出しをクリックすると、ソートの方向が切り替わります。

フォルダの追加

フォルダを追加するには、「ファイル」→「新規フォルダ」を選択し、フォルダ名を入力してEnterキーを押すか、テキストフィールドからクリックして離します。

新しいフォルダは、一番外側で選択されているプロジェクトアイテムと同じレベル、または選択されているフォルダの中に作成されます。

プロジェクト」パネルでアートワーク、パペット、オーディオを複製するには、複製したいアイテムを選択し、「編集」>「複製」を選択します。

フォルダの削除

フォルダを削除するには、フォルダを選択し、「編集」→「削除」(「Delete」または「Backspace」)を選択します。

フォルダ間のアイテム移動

アイテムをフォルダ間で移動するには、アイテムを選択してから別のフォルダにドラッグします。

プロジェクトアイテムの名前変更

プロジェクトのアイテム(パペット、シーン、フォルダなど)の名前を変更するには、アイテムを選択してEnterキーを押します。変更を保存するには、新しい名前を入力してEnterキーを押すか、テキストフィールドから離れてクリックします。編集をキャンセルするには、Escキーを押します。

>【Character Animator】パペットをシーンに合わせて組み立てる

タイトルとURLをコピーしました