【VDMX5】あなただけのプロフェッショナルなMac用カラーコレクションアシスタント

VJソフト

この数ヶ月間、私たちはハリウッドに拠点を置くColor Intelligence社と秘密裏に作業を進めてきました。Color Intelligence社が開発したプロ仕様の自動カラーコレクションの画期的な技術をMacに導入するためです。本日は、このプロジェクトを少しだけご紹介します。

チーム紹介

カラーサイエンティストのダド・ヴァレンティクと、業界のベテランであるマーク・L・ペダーソン、スティーブ・ベイズによって設立されたColor Intelligenceは、ハイエンドの画像処理コンサルタント会社としての地位を確立し、ワーナーブラザーズ、HBO、Netflix、NBCユニバーサル、CBSと協力して先進的なHDRカラーパイプラインを開発し、ルックデザインと制作のための特殊なカラーグレーディングプラグインを提供しています。

今回のプロジェクトでは、長年の協力者であるVadeことAnton Marini氏をはじめとする多くの才能あるソフトウェア開発者と一緒に仕事をすることができました。Anton Marini氏は、SyphonやSynopsisの開発者であり、彼自身のクリエイティブなプラグインでも知られています。

アプリについて

Colourlab Aiは、ダド・ヴァレンティクが長年温めてきたビジョンであり、カラーグレーディングの新しいアプローチへの最初の大きな一歩です。

Colourlab Aiは、グレーディングされたクリップや参照画像からプロジェクト用の映像を自動的にカラーマッチングすることを容易にし、編集されたタイムライン上のシーンを瞬時にマッチングしたり、何時間もかけて行われたデイリーのマッチングを行うことができます。Colourlab Aiのスマートマッチングシステムは、カラーグレーディングプロセスの手動による面倒な作業を排除し、映像制作者やカラリストがよりクリエイティブな作業に集中できるようにします。

Colourlab Aiは、カラーをタイムラインにレンダリングするのではなく、個人的なアシスタントとして機能し、ASC CDL、Lift Gamma Gain、さらにはPrinter Lightsといった業界標準の馴染みのあるコントロールとして、非破壊的なメタデータ設定の形で提案された調整を提示します。このアプローチにより、カラリスト、シネマトグラファー、コンテンツ制作者は、ポストプロダクションプロセスを通して主観的でクリエイティブな調整を続けることができます。

>【VDMX5】アナログからデジタルへ

タイトルとURLをコピーしました