メディアの読み込みコース【Adobe Premiere Pro】

チュートリアル

メディアの読み込みコース

メディアブラウザーによる読み込み

メディアブラウザーにより読み込む方法
メディアブラウザーパネルを使用してメディアファイルを読み込みます。お気に入りのフォルダーを使用して時間を節約したり、表示を絞り込んでメディアタイプをすばやく見つけたり、クリップを名前で検索したりできます。

メディアブラウザーパネルを使用してメディアを検索し、それを読み込む方法を説明します。

メディアを直接読み込む

ファイルを直接読み込む方法
メディアファイルの事前準備について説明します。また、ファイル/読み込みを使用するか、Adobe Premiere Proに直接ドラッグして現在のプロジェクトディレクトリに追加する方法についても説明します。

メディアファイルの事前準備について説明します。また、ファイル/読み込みを使用するか、Adobe Premiere Proに直接ドラッグして現在のプロジェクトに追加する方法についても説明します。

オフラインクリップの再リンク

オフラインメディアの再リンク方法
「メディアをリンク」ダイアログボックスの検索ツールを使用して、Adobe Premiere Pro CCのプロジェクトパネルのオフラインメディアを、対応するメディアに迅速に再リンクする方法を説明します。

「メディアをリンク」ダイアログボックスの検索ツールを使用して、オフラインクリップをメディアに迅速に再リンクする方法を説明します。

複数レイヤーのPhotoshopファイル

Premiere Proでレイヤー化されたPhotoshopファイルを操作する方法
Adobe Premiere Pro CCでPSDファイルを読み込むときに、個別のレイヤー、透明な領域、レイヤーエフェクトに直接アクセスする方法を説明します。

複数レイヤーのPhotoshop PSDファイルを読み込むときに使用できる特殊なオプションについて説明します。

混在した映像素材

Premiere Proで、混在した映像素材を結合する方法
複数の形式の映像素材を簡単に組み合わせ、適切なシーケンス設定を選択し、一致しない映像素材サイズを自動的に調整する方法を説明します。

プロジェクトやシーケンス内で複数の形式の映像素材を組み合わせます。

フレームレートの混在

フレームレートが混在する場合の作業手順
Adobe Premiere Pro CCで映像素材のフレームレート変換設定オプションを選択する方法と、カメラのキャプチャフレームレート、システムフレームレートを選択する方法を説明します。

映像素材のフレームレート変換設定について説明します。

様々な形式でビデオを書き出す

メディアを書き出す際のオプションについて
Adobe Premiere Proでメディアファイルを書き出す際のオプションと主な特徴について説明します。

Adobe Premiere Proから直接シーケンスや個々のクリップを書き出す際の、オプションの詳細について学びます。プロジェクトを出力する際に適用できる主なプリセットや設定、エフェクトについて説明します。オンライン用から劇場配給用まで、あらゆるビデオ形式に対応しています。

≪ Adobe Premiere Pro チュートリアルに戻る

≪ Adobe Premiere Proのトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました