アセットとオフラインメディアの監視【Adobe Premiere Pro】

チュートリアル

アセットのモニター

Premiere Pro のソースモニターとプログラムモニターでは、ビデオクリップを表示したり、ビデオシーケンスを編集したりできます。カスタマイズ可能なコントロールと、モニターの表示モードについて学習します。

リファレンスモニターは、2 つ目のプログラムモニターのように機能します。リファレンスモニターを使用して、シーケンスの異なるフレームを横に並べて比較したり、シーケンスの同じフレームを異なる表示モードで表示できます。

リファレンスモニターに表示されているシーケンスのフレームは、プログラムモニターからは独立して移動できます。この方法を使用すれば、例えばカラーマッチフィルターを使用する場合など、各ビューで異なるフレームを表示して比較できます。

オフラインメディア

オフラインクリップとは、ソースファイルとのリンクが解除されているクリップ、またはまだキャプチャされていないログ済みのクリップを指します。オフラインクリップには、対応するソースファイルの情報が保持されているので、実際のファイルを利用できない場合でも作業を進めることができます。タイムラインパネルにオフラインクリップが表示されている場合は、プログラムモニターとトラックに「メディアオフライン」というメッセージが表示されます。

オフライン編集用の低解像度クリップを作成し、それを後からオンライン編集用の高解像度クリップと置き換える方法について学習します。

読み込んだクリップが Premiere Pro 以外で移動、名前変更、削除された場合は、クリップがオフラインクリップになります。オフラインクリップはプロジェクトパネルで「オフラインアイテム」アイコンによって示され、次に示すようにメディアオフラインがタイムラインシーケンスやプログラムモニター、その他の場所に表示されます。

≪ Adobe Premiere Pro ユーザーガイドに戻る

≪ Adobe Premiere Proのトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました